初心者にも使いやすいおススメの仮想通貨取引所ベスト3を紹介します

ビットコイン投資をこれからはじめようという人は、仮想通貨取引所選びが最初のポイントとなるでしょう。株式投資における証券口座と同じで、1つに絞る必要は全くないので、それほど慎重になる必要はありません。

少なくとも詐欺業者や悪質な業者さえ避けるようにしておけば、トラブルになることもないでしょう。

初心者におすすめの仮想通貨取引所としては、日本の3大取引所と呼ばれているコインチェック、ビットフライヤー、ザイフがよく紹介されています。

ビットコインなどの仮想通貨は大切な資産なので、信用できる取引所に預けるということが重要です。海外の取引所の中にも優良なところは存在していますが、英語や中国語のサイトとなっているので初心者向けではありません。

また、なにかトラブルが起きた時のサポート対応も英語や中国語となります。出金ができないというトラブル報告などもあるので、日本の取引所を選んでおくことが無難でしょう。

コインチェックはコインチェック株式会社(2012年8月18日設立)が運営している日本の仮想通貨取引所です。

資本金は9,200万円となっており、最大手のビットフライヤーに比べると資金力にやや不安はありますが、日本の取引所の中では大手に分類されます。

コインチェックの大きな特徴は、トレードできる仮想通貨の種類が多いことです。ビットコインはもちろん、イーサリアム、リップル、イーサリアムクラシック、リスク、モネロ、ファクトム、ネム、ライトコインなどの合計13種類の仮想通貨のトレードが行えます

ファクトムなどの比較的マイナーな仮想通貨についても扱っているということは、人によっては大きなメリットであると感じられるでしょう。

2017年6月には貸仮想通貨サービスが始まりました。これは銀行の定期預金のようなものですが、年利が最高で5.0%とかなり高めになっています。銀行の定期預金の金利は平均すると0.02%くらいになっています。高いところでも0.1%くらいです。

それに対して、コインチェックの貸仮想通貨サービスでは仮想通貨の積立ができるだけでなく、最高年5.0%の利息もつきます。ただし、銀行に比べると倒産のリスクが高いので、大金を預けることはあまりおすすめできません。

資産は複数の取引所やウォレットに分散して預けておきましょう。

海外の取引所では、過去にハッキングの被害にあって大量の仮想通貨が盗まれるという事件も起きています。日本の取引所では大きな事件は起きていませんが、絶対に安心というわけではありません。

二重認証は必ずしておきましょう。コインチェックでは不正送金の補償サービスがあるので、二重認証をしていたのに仮想通貨を盗まれたというトラブルが起きてもある程度は安心ができます。

coincheck(コインチェック)公式ページ

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは株式会社bitFlyer(2014年1月9日設立)が運営している仮想通貨取引所です。資本金は41億238万円と日本の取引所の中では圧倒的です。大企業などから出資を受けていることもあり、倒産の可能性はかなり低いです。

多額の仮想通貨を預けている人にとって、ハッキングなどの被害にあってお金が盗まれるということのほかに、会社が倒産してしまってお金を引き出せなくなるということも不安の種となります。

その点で、ビットフライヤーは圧倒的な資金力を誇るので、安心と信頼面では日本の取引所の中でトップでしょう。

ただし、取引所はあくまでトレードを行う場所であり、セキュリティ面での不安もあるので、すべての資金を1つの取引所に預けておくということはおすすめしません。ウォレットなども利用をして、資産を分散させておきましょう。

ビットフライヤーではビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4種類の仮想通貨が扱われています。ただし、ライトコインについては現在のところトレードには対応しておらず、販売所で売買ができるのみとなっています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif(ザイフ)

ザイフはテックビューロ株式会社(2014年6月16日設立)が運営している仮想通貨取引所です。資本金は8億3,013万円となっており、ビットフライヤーにはおよばないものの、安心と信頼があります。

ザイフではビットコインのほかにネム、モナコインなども扱われています。特に、日本発のモナコインのトレードができるということが特徴的です。モナコインのトレードをするなら、ザイフがおすすめできます。

ザイフトークン、カウンターパーティ、ビットクリスタルズ、ぺぺキャッシュなどの多くのトークンを扱っていることもザイフのメリットでしょう。トークンはまだ流通量が少なくリスクが高いですが、将来暴騰する可能性も秘めています。

将来に100倍以上になる夢を見るなら、まだ人気が出ていないマイナーなトークンを購入するのが良いかもしれません。主要な仮想通貨よりもさらにハイリスクであるということは理解をしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。