ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?

インターネットの発達によりテレビや紙媒体といったメディアでは活躍していないものの、オンライン上では多くのファンを獲得し有名な存在であるという人材が増加傾向にあり、そうした方々と取り分けて相性が良いのがVALUです。

サービス名が覚えやすく印象的なイメージですが、運営している会社も同じ名称を名乗っており、いかに力を注いで研究開発を行っているのかがわかります。

価値という意味を持つ英語とユーザーのことを指す単語

名を決める際にはいくつかの候補がありましたが、価値という意味を持つ英語とユーザーのことを指す単語を組み合わせて現在の呼び名に決定されました。

情報の世界では技術を活用して様々なシステムが提案されてきたものの、今回は歴代の中でも特に難しいと口にされるのですが、決して複雑なものではなく既存の社会に見られた物事をITに落とし込んだと考えれば容易いです。

単純明快に把握するのなら一個人が株式会社の如く株を生み出すことができ、手続と審査が完了して無事に着手することが可能になれば自由自在に売買して構いません。

取り引きについて用いられるのは同じく突出した注目度を集めているビットコインであり、現金が使われるシーンはどこにもありません。

まだ耳慣れないと感じる方が多いのは事実ですが、リリースされた日にちが2017年の5月31日であり日が浅いということを知ると納得することができるでしょう。

実はVALUはまだベータ版

実は形式上はまだベータ版という扱いなのですが、対応している言語は日本語の他に英語もありますし、取り引きを実行できる時間も朝の9時から夜の9時までなので、従来の株取引よりも圧倒的に開かれている時間が長くて余裕があります。

ローンチしてからおよそ2ヶ月後の2017年7月21日の段階で既に1万2千人もの人々が会員登録と審査を終わらせ、株を発行しているという報道が行われたため新たな時代の幕開けとして大変話題になりました。

システム自体は難しくないものの、シンプルであるからこそ今まで誰も思いつかずにサービスを展開させることができずにいたのですが、この度ついに実現したのは発起人が優れた人材であるためです。

2016年11月1日VALUという株式会社設立

2011年にスマートフォン向けのアプリケーションを手がけている企業に入社し、すぐにITの業界においてトップクラスの人材が集まっているシリコンバレーにある支社で活躍し始めました。

海外でサーバーエンジニアとして優れた功績を残した後、帰国後からは起業に強く興味関心を抱くようになりすぐに複数個のイメージを現実にしていったものの、全て途中段階で資金難に陥り中止するしかなかったのです。

上手く物事が進まずに頭を抱えていた時に目についたのは仮想通貨の代名詞として高い知名度を誇っているビットコインで、予め実装が行われている独自の通貨を生み出すことが可能である機能に感心しさらに進化させたいという気持ちが強まっていきました。

同じタイミングで大物の実業家と顔を合わせる機会に恵まれ、運良く資金調達を得ることができ2016年の11月1日にVALUという株式会社を立ち上げました。

金銭に纏わる事柄なのでシビアな意見や目を向けられることがあるのですが、プログラムを作っていく上で数え切れないほどのテストを実行し、金融に纏わる関係機関にも足繁く通い搭載する機能を一つずつ丁寧に説明し違反にならないことを確認していきました。

大勢の人々に愛されるシステムに成長させるためにはわかりやすくしなければならないという理念を抱いているので、VALUは実名登録で楽しむSNSや匿名で短文を投稿できるサービスのアカウントで簡単にログインできるようにしています。

フォローしてくれている方が100人以下のアカウントでは発行することが不可能

ソーシャルネットワークには必ずフォロワーという仕組みがあるのですが、VALUではフォロワー数が信頼度を知る上での指針になると考えられているので、フォローしてくれている方が100人以下のアカウントでは発行することが不可能です。

そして、全てはビットコインで取り引きが実行されていきますが、VALUでビットコインを買い求めたり既に所持しているものを売ることはできないので、必ず専門の取引所にアクセスして済ませなければなりません。

条件が合えば正規のサイト以外でも売買が実行できるという情報もありますが、昨今施行された規約によってルールが決められたので、破ってしまうと制限を被ることになるため注意が必要です。

優待は双方にメリット

コインチェックを行い必要としているビットコインに到達することができている事が確認された場合は、支援してくれた者たちに対して優待を授けられます。

優待はサービスや物など個々の判断に委ねられているのですが、上手に使って自身の作品を届けるといったアーティストも続々と増えてきています。

つまり、アーティスト活動を維持していくためにVALUで活動費を捻出し、サポートしてくれた方々に対して生み出した物を届けるということです。

双方にメリットがあり遠く離れている人材を助けてあげられるので、ネットワークを最大限に活かした素晴らしいものです。

VALU公式ページをチェック

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます

たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」の口座開設について図解入りで解説します。口座開設はアカウント登録のあと、「電話番号承認」「各種重要事
2017-08-12 23:02

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。