始める前に知っておきたいVALU(バリュー)のメリット・デメリット

VALU(バリュー)は、株式会社VALUによって運営されているフィンテックサービスで、2017年5月31日にβ版として運用が開始されたものです。

フィンテックサービスとはファイナンスとテクノロジーをかけ合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略でこれまでにない新しい金融商品などを指します。

日本においてはさまざまなファンテックサービスの提供が開始されていますが、VALU(バリュー)もそのひとつといえます。

インターネット上で活動する個人が対象

VALU(バリュー)が提供するサービスは簡単に言えば個人が出資を受けられるというもので、法人にある株式会社のように出資してもらうというものです。

個人が出資してもらうにはそれなりのスキルが必要で、そのスキルに対して出資するというものです。また基本的にはインターネット上で活動する個人が対象です。

出資を受けたい人はVALUと呼ばれ、出資する単位はVAと呼ばれ、出資する人はVALUERと呼ばれます。

使い方としてはまずはアカウント登録を行いますが、そのさいにはFacebookのアカウントが必要になります。アカウントの連動はFacebookのほかTwitterやInstagramのアカウントも連携させることができます。

VAの発行は連携したSNSで100人以上の友達・フォロワーがいる人のみが行うことができます。この友達・フォロワーの数が時価総額という扱いになり、仮想通貨のビットコインでその価値が算出されます。

なお、VAを発行する場合には審査を受ける必要があり、誰でも発行することができるものではありません。

VALU(バリュー)ではVAを自由に売買することができる

VAを購入することでVALUに対して金銭的な支援を行うことができるので、寄付型クラウドファンディングと似ていますが、寄付型クラウドファンディングでは直接的なお金を寄付するためその権利を売却するといったことができませんが、VALU(バリュー)ではVAを自由に売買することができるので途中で売却したりまたは購入するといったことが出来ます。

このため全くの寄付というものではなく、その個人が努力して時価総額を上げることでVAの売却によって売却益を得られる可能性もあります。

一方で株式と異なるところは、法人ではなく個人であること、企業が上場すると決算の広告義務がある一方でVALUでは、その義務がありません。

これは営利的なものではなくあくまでも人格や可能性などの価値に対してVAの売買が行われることを目的としているためです。また個人が自らのVAの購入を勧めたりするといったことは禁止されています。

また株式と大きく異るのは増資や株式分割、つまりVAの追加発行や分割は認められていません。

なお、VAを購入するVALUERへのリターンとしては目的の個人を応援するといういった意味合いが強く、また優待として物品やサービスといった提供を受けることが可能です。

このため個人を応援するための手段としての性質が強いものですが、VAでは売買することができるので、将来大きくなると思った人のVAを購入して価値が上昇したところでVAを売却することで利益を得られる可能性があります。

VAを仮想通貨のビットコインによって行われている

VALUがファンテックサービスのひとつである理由としては、VAを仮想通貨のビットコインによって行われているという点があります。

VAを購入したり売却したりする場合にはビットコインが必要になりますが、VALU(バリュー)でビットコインの売買は行えない仕組みですから外部のビットコイン取引所などから調達してVALUのアカウント口座へ入金する必要があります。

このためVAを売却しても直接金銭を得られるわけではなくビットコインを得られるだけで、そのビットコインを現金にするためにはビットコイン取引所で換金する必要があります。

またVAは頻繁に売買することが目的ではないためさまざまな制限が掛けられています。初回売り出しをするさいには、推定値としての時価総額をVA数で割った金額でしか行えず、売出しは5VAまでと制限されています。

また価格の乱高下を防ぐため株式取引のように制限が掛けられており、売買価格は0.75倍から1.5倍の間が上限で、また1日の取引回数は10回に制限されています。なお、売買手数料は1%ですが、自信が発行したVAを売却する場合に10%の手数料が必要です。

また外部のビットコインに出金する場合には出金額の0.0005%の手数料が必要になります。

VALU(バリュー)のメリット・デメリット

VALU(バリュー)のメリットとしては、個人がインターネット上で自身の価値を売り出すことができるということで、資金を調達するための手段としても利用ができます。

このため寄付を受けるための手段として有益です。またVAを購入する側としても個人的に支援したい人に対して寄付することができますし、また優待として限定コンテンツを見られるといったものがあります。

一方でデメリットとしてはビットコインを介して行われるので必ずしも相手に対して思った金額を提供するといったことができないことで、また悪意のある取引が行われることで売り出しているVAの価値が著しく低下するといったことなどが挙げられます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。