5分でわかる!coincheck(コインチェック)のビットコインを銀行口座に出金する方法

ビットコインは仮想通貨の中で、最も知名度がある有名な存在です。

仮想通貨ですので、インターネット上のバーチャルなお金といったイメージですが、お金と同等の価値を持っていますから、これを使って商品やサービスの支払いに使ったり、投資の資金として活用したりなどできます。

購入の際には仮想通貨取引所を利用します。最もおすすめの仮想通貨取引所として、コインチェックが圧倒的な人気を誇っています

この仮想通貨取引所を通じて各仮想通貨の取引が行えますが、出金自体もこのサービスで簡単に実行できる状態です。いつも利用している銀行口座に出金して、現金として使うことができますから、出金方法を覚えておくと何かと便利です。

iPhoneのスマホアプリなら出金が可能

ポイントとしては、出金するからこそ、仮想通貨の儲けを獲得できるともいえます。投資に使える仮想通貨ではあるものの、そのままの状態では利用できる範囲が狭まったり、もしも仮想通貨にトラブルが発生したときにはお金を引き出せない事態になります。

今すぐ使わないのであれば、現金として引き出しておくのがおすすめです。

出金方法として注意したいのが、Androidのスマホアプリからでは操作できないことです。コインチェックの公式サイトをブラウザで開き、ログインすることから始めます。ちなみにiPhoneのスマホアプリなら出金が可能です。

ログインすると、ホーム画面が表示されます。ホーム画面には総資産と円を意味するJPYや仮想通貨のBTCやETHなどの対応できる様々な通貨が表示され、今持っている各通貨の残高を確認できます。この内、BTCがビットコインを指す言葉です。

BTCを出金するならまずこのBTCの残高を確かめておく必要があります。

BTCを売却する手順が必要です

日本円で銀行口座宛に出金することができますが、BTCのままでは日本円で出金できない決まりになっています。その前にBTCを売却する手順が必要です。これはBTCに限らず、他の仮想通貨も共通の方法です。売却であれば、Androidのスマホアプリからでも手続き可能です。

コインチェックの画面にあるメニューを開くと、様々な項目が表示されています。この内のビットコイン売却という項目を選びます。所持している残高が表示されるページが開きますので、売ろうと考えている分の数量を入力します。

その下には現在の円とBTCのレートが表示されていますから、参考にすると便利です。

入力すると、現在のレートに応じて売却する合計金額が円で表示されます。これで良ければ、売却するのボタンを押します。するとダイアログが表示されて売却の確認を促されます。OKを選ぶと確定し、売却の注文が完了します。完了すると日本円の残高が増えます。

これで日本円に換えることが出来ましたので、銀行口座に出金する手続きを行えます。ホーム画面でメニューを開くことから始めます。メニューの項目の中に、日本円を出金するというものがありますので、これを選択します。

事前に出金先の銀行口座を登録してあるなら、後の手続きがスムーズに進みます。まだ未登録であったり別の銀行の口座に出金したいなら、新しい口座を登録するの部分を選択して登録を済ませておきます。

画面には、振込先の口座の選択を促す表示があります。登録済みの銀行名と支店名、口座の種類や口座番号、口座名義が表示されていますので、よく確認してこの口座に振り込むのボタンを選びます。

銀行の情報と、出金可能額、出金額に振込手数料、送金後の所持残高などの項目がありますが、この内で入力するのは出金額の部分です。出金可能額の範囲内で現金にしたい金額を入力して確認します。振込手数料はコインチェック側が決めているもので、400円が発生します。

他の仮想通貨取引所も同じような仕組みですが、この仮想通貨取引所は他と比較しても、平均的な振込手数料です。振込手数料は出金可能額から差し引かれる形になるため、その分を考慮して出金額を入力する必要があります。最後に出金申請のボタンを押します。

1~2日後に銀行口座へ反映されるのが基本

ちなみに、以前はオプション設定として高速出金というサービスが存在しました。通常の出金方法よりも振込が反映されるまでの時間が短いため、今すぐに現金が欲しい人にとっては都合が良かったのがメリットです。高速出金を選ぶと756円の振込手数料が発生します。

しかし、高速出金のサービスはすでに廃止されていますので、今現在は普通の出金方法しか利用できません。

申請完了後は日本円出金履歴の項目で、現在の状況が確認できます。まだ振込が完了していなければ、手続き中の文字と出金額が表示されています。振込が完了すると振込済みの文字が表示されます。

コインチェックで出金申請を行ってから、1~2日後に銀行口座へ反映されるのが基本です。銀行営業日の影響を受けますので、早めに反映してもらいたいなら、翌日が休業日ではない平日の15時よりも前に、手続きを完了させるのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。