ビットコインなどの仮想通貨取引所コインチェックで口座開設する

日本では、法律が改正されて家電量販店でも仮想通貨が使えるようになっています。

仮想通貨は、一般的な通貨と違って、ユーザーがその通貨を信用することにより価値が保証されている通貨です。電子マネーと異なり、発行主体が存在しません。発行のルールは、プログラムコードにより決定されています。

仮想通貨には、多くの種類がありますが、世界で最も知られている仮想通貨といえば、ビットコインです。

ビットコインを支えている重要な技術が、ブロックチェーンです。ブロックチェーンの誕生は、2008年に発表された論文がきっかけでした。この論文に書かれていた内容を満たす技術がブロックチェーンなのです。

ブロックチェーンを語る上で、重要となるのがハッシュ関数です。

ハッシュ関数は、ルーレットのようなもので、データの強さやタイミングにより、異なる数値が出てきます。一定のインプットに対して、一定のアウトプットを識別することが可能です。

ブロックチェーンは、情報をブロックにして鎖のように集めたものです。

ブロックチェーンは、利用者全員で共有します。ブロックの中には、データから生成されたハッシュ値が含まれており、新しいブロックは、前のブロックのハッシュ値を反映しているため、データの改ざんが難しく、それがビットコインの安全性につながっています。

P2Pのネットワーク上で取引が行われます

分散型仮想通貨は、政府や中央銀行などの仲介がなく、P2Pのネットワーク上で取引が行われます。そのため、手数料が安く抑えられるという大きなメリットがあります。また、スピーディーに世界中の人と取引を行うことができるのです。

ビットコインを入手したい場合は、コインチェックなどの仮想通貨取引所を利用するのが一般的です。取引所を利用する場合は、口座開設が必要になります。

コインチェックは、2014年8月に設立されたビットコイン取引所です。様々な仮想通貨を取り扱っており、購入や売却、入金、送金、信用取引を行うことができます。

2015年には、海外の投資家をサポートするために他社と提携し、不動産投資が仮想通貨で行えるようになっています。

2016年3月には、日本の有名企業に仮想通貨の決済サービスを導入し、同年9月には、日本で初めて仮想通貨で電気代が支払えるサービスをリリースしました。

このサービスでは、実績が豊富な電力会社と提携し、確かな電力品質が保証されています。電気料金の1%から7%を仮想通貨で貯められるプランがあり、大きな注目を集めています。

レバレッジをかけた信用取引が可能

Piggy Bank Future Money Savings Investment Graphic

コインチェック取引所では、レバレッジをかけた信用取引が可能で、ウォレットを持つユーザーに限り、仮想通貨の送金と入金が可能です。

コインチェックでは、複数の振込先口座が用意されています。現在、指定口座に日本円を振り込んで仮想通貨を購入する口座振込みと、クレジットカードを使って仮想通貨を購入するクレジットカード支払いの2種類の購入方法があります

口座振込みで仮想通貨を購入する場合は、アカウント登録を行い、トップ画面でメールアドレスとパスワードを入力します。

日本円の入金には、あらかじめ電話番号の登録が必要になります。利用している携帯電話の番号を入力して送信すると、SMSメールが届くので、メールに記載されている認証コードを入力します。

認証が完了すると、指定口座へ振込みを行うことができます。

コインチェックで支払いの確認が取れれば、入金金額が反映されます。購入額は、日本円で確認することができます。

クレジットカード支払いだと、土日でも深夜でも仮想通貨を購入することができるので、とても便利です。クレジットカード支払いの場合、電話番号の登録と合わせて、本人確認書類の提出が必要になります。

購入額を選択するか、任意の金額を入力した後にクレジットカード情報を入力し、決済開始をクリックすれば、購入が完了します。

サービスの安全性が重要

仮想通貨を使った取引では、サービスの安全性が重要です。

コインチェックでは、安全に取引ができる環境が整っているので、安心して利用することができます。JBAにも加入しており、取引機能の制限やセキュリティの施策は、JBAが定めているガイドラインを遵守しています。

顧客からの預かり金のうち、流動しない分は安全に保管しています。

秘密鍵をインターネットから完全に隔離された状態で保管しているので、安全性が保たれています。ウォレットも、安全な乱数の生成方法を利用しているため、脆弱性の心配がなく安心です。

顧客からの預り金は、会社を経営するための資金とは完全に分離して管理されています。

セキュリティ認証を強化するために、SMSと認証アプリの二段階認証を採用しているので、誰でも利用でき、かつ悪意のある第三者からの不正アクセスを防ぐことができるのです。

顧客との通信には、SSL暗号化通信を利用し、サーバー上で行われた取引などの操作履歴は全て保管されています。常に安全なサービスを利用できるように、本人確認は複数にわたり行われます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。