超簡単!coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する方法

現在、世界中で最も注目されている金融商品に仮想通貨が挙げられます。この金融商品は実体を持たず、世界共通でネットを介した高速取引が可能です。現状では利用できる施設やサービスが限られているので使い難さがあります。

しかし、仮想通貨の利便性は非常に高く、将来的に見ても数年の間で利用できる施設やサービスが増えていくと予想できます。

世界共通で使えるという利点は、海外旅行や海外のショッピングサイトを利用する際、通貨を両替する必要がないということです。

両替の手間が掛からないことや高速で円滑な取引ができるということは、現代のインターネット社会で重要なことだと考えられます。

私達が普段利用している実体を持つ通貨は、国内で流通して国内でのみ使うことができます。実体を持つというのは現実に見えているので安心感を得られます。

しかし、ここ数年のインターネット環境の発達によって現金を直接使って支払いを済ませる場面は確実に減ってきています

例えば、銀行に預けたお金をインターネットバンキングで送金や振込をする場合、現金が直接動く訳ではなく、全てネット上で処理されます。また、電子マネーやクレジットカードの普及によって代金決済の選択肢が増え、現金支払いは非効率的であるという見方も強まっています。

最初に流通した仮想通貨はビットコイン

最初に流通した仮想通貨はビットコインと呼ばれるものでした。このコインが登場した頃の相場は1コイン100円程度の価値しかありませんでした。

しかし、一部の国で経済危機が訪れると、一気にコインの相場が高騰するという事態が起きました

この事態が起きた理由は、国の経済危機によって国で流通している通貨の価値が危ぶまれ、通貨の価値が無くなる前に他の通貨に両替して、リスクを減らそうとする動きが強まったからだと考えられます。

ここでコインが選ばれたのは世界共通で利用できること、まだ新しいタイプの通貨だったことなどが挙げられます。

いずれにせよ、この事態によってビットコインの知名度とその価値が広まり、その後も経済危機が危ぶまれると相場が高騰するようになりました。結果的に2017年には1コインの価値が30万円以上という日が続いており、さらに注目度が増して勢いをつけています。

仮想通貨の購入はインターネットサイトの取扱所を利用して行います。初めての人にはコインチェックと呼ばれる取扱所がおすすめです。このサイトは見やすいデザインで作られており、口座開設も簡単にできます。

取り扱っている通貨の種類も多いので、将来的に複数の通貨に投資する予定なら選んでおいて損はありません。

ビットコインを購入するならコインチェック

コインチェックの口座開設はメールアドレスとパスワードを入力して行います。フェイスブックのアカウントを所持していれば、そのアカウントを利用して簡単に登録することが可能です。

口座開設は手数料や年会費などの費用が無料なので、気軽に始められます。口座開設後は銀行振込やコンビニ振込などを利用して口座に入金します。入金したお金で通貨の売買取引を始められます。

コインチェックはメールアドレスとパスワードによる登録だけだと最大5万円までの取引しかできません。運転免許証や保険証などを利用した本人確認を済ませれば、最大5万円という上限は無くなります

長期的に売買取引をする時は本人確認を済ませておくと良いでしょう。

コインチェックは24時間利用可能

コインチェックは他の取扱所と比べて24時間何時でも利用できるという点で勝っています。提供しているアプリも使いやすく、スマートフォンやタブレットを利用する機会が多いならインストールして使えるようにすると良いでしょう。

コインチェックならビットコインの購入が0.01通貨から購入できます。小額で投資を始めたいという人にはおすすめです。

ビットコインの将来性を考えると、毎月少しずつでも投資していれば、数10年後には大きな資産になっていると予想できます。これよりも少ない量で投資する場合、得られるリターンも少なくなると考えられます。

ウォレットに預けておく方が安心

仮想通貨を購入したら、取扱所の口座に預けておくよりも、ウォレットに預けておく方が安心できます。ウォレットは財布という意味があり、ネット上で流通している通貨や電子マネーを預けておけるサービスです。

取扱所の口座に預けていると、取扱所がハッキングなどの被害にあった際、利用している口座から通貨が流出してしまうという事態が起きます。

ウォレットの場合、ウォレットを利用するスマートフォンやタブレットなどの端末を財布代わりにすることができます。個人の端末が財布となるので、ハッキングなどの対象になる確率は極めて低くなります。

また、利用している端末をオフラインにすれば、その間はネット被害に遭うことはありません。その代わり、ウォレットを利用している端末が盗難に合ったり壊れたりすると、ウォレットに預けた通貨が失われてしまうこともあります。

取扱所の口座を利用するかウォレットを利用するかは自己責任になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。