たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」の口座開設について図解入りで解説します。口座開設はアカウント登録のあと、「電話番号承認」「各種重要事項の承認」「本人確認書類の提出」の過程を経て承認されます。

coincheck(コインチェック)のアカウント登録

まずはcoincheck(コインチェック)の公式ページにアクセスしましょう。

coincheck(コインチェック)公式ページ


Facebookでアカウント登録する方法

アカウントの登録は「Facebookで登録」「メールアドレスで登録」の2種類があります。まずは「Facebookで登録」する方法を説明しましょう。

「Facebook」を使っている方であれば、たったの10秒で登録が完了します。「Facebookで10秒で登録」ボタンをクリックします。

「coincheckが受け取る情報」画面が開きます。「●●としてログイン」をクリックでアカウント登録が完了します。

メールアドレスでアカウント登録する方法

「メールアドレス」「パスワード」を記入し、「アカウント作成」ボタンをクリックします。

メールアドレス、パスワード共に、忘れないようにメモしておきましょう。

「メールアドレスを確認」が開きます。登録したメールアドレスに確認メールが送られています。メールを確認しましょう。また届いていない場合は、「メールをもう一度送る」をクリックして、再度メールを確認しましょう。

coincheckから届いた確認メールです。赤枠のURLをクリックして、認証させます。これでアカウント登録は完了です。次に本人確認について説明しましょう。

coincheck(コインチェック)の本人確認

アカウント登録が完了すると、「電話番号承認」>「本人確認書類の提出」を求められます。「本人確認書類を提出する」ボタンをクリックします。

電話番号承認

電話番号承認の画面が開きます。電話があなたのものであるか確認するためにSMS(ショートメッセージサービス)を使います。携帯電話の番号を記載し、「SMSを送信する」をクリックします。すぐにSNSで6桁の認証コードが送らるので、記載し「認証する」をクリックします。

「電話番号認証済み」になります。次に「メールアドレスの変更」をクリックします。

メールアドレスの変更

登録したメールアドレスが表示されています。Facebookから登録した場合は、Facebook登録用のメールアドレスが記載されています。変更する場合は、新しいメールアドレスを記入し、「変更する」をクリックします。その他に「メールの受信設定」「パスワードの変更」も行うことができます。次に「本人確認」をクリックしましょう。

サービス利用における各種重要事項の承諾について

サービスを利用するにあたって、各種重要事項に同意する必要があります。

■各種重要事項

  • プライバシーポリシー
  • 電子交付に関する同意書
  • 取引説明書
  • 利用規約
  • PEPs確認書
  • 反社会的勢力でないことの

一通り目を通し、すべてにチェックを入れ、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックします。

「各種重要事項に承諾済み」になりました。「本人確認書類を提出する」をクリックします。

本人確認書類の提出

本人確認の流れです。

1. 必要事項を入力し、本人確認書類の写真をアップロード。
2. 本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日待ちます
3. 住所確認のためハガキが送られてきます。
4. 本人確認が完了し、全ての機能が使えるようになります。

それではあなたの情報を記入していきましょう。

種別で「個人」と「法人」が選択できます。のちほど説明しますが、「法人」を選択すると「法人名義の口座通帳の写し」「発効から6か月以内の登記簿妙本の写し」の提出を求められます。

職業は以下から選択できます。当てはまらない場合は「その他の職業」を選択しましょう。

  • 会社役員/団体役員
  • 会社員/団体職員
  • 公務員
  • パート/アルバイト/派遣社員/契約社員
  • 主婦
  • 学生
  • 退職された方/無職の方
  • その他の職業

主なご利用目的です。利用目的でどれを選んだかで、審査が厳しくなることはありません。正直に自分の利用目的を選んでください。

  • 仮想通貨への投資のため
  • 仮想通貨へのウォレットとして
  • 決済機能を利用するため

IDセルフィーは必須です。提出書類の顔が映っているものと本人が一緒に写っている写真を提出しなければなりません。

本人確認書類の画像が必要になります。一般的な書類として運転免許証がありますが他にも本人確認書類はあります。

■本人確認書類

・パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)

・在留カード(裏面もご提出ください)

・特別永住者証明書(裏面もご提出ください)

・運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)

・住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)

・マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

運転免許証、外国人登録証明書の場合、必ず裏面の画像を提出する必要があります。パスポートの場合は、住所記載の欄を撮影して添付します。個人登録の場合は、添付書類はここまででOKです。

法人で申請する場合、「法人名義口座通帳の表紙の写し」が必要になります。撮影し「ファイルを選択」でアップロードしましょう。

もうひとつ、法人申請の場合、発行から6か月以内の登記簿謄本の写しが必要になります。スマホで撮影して「ファイルを選択」で画像をアップロードしましょう。

最後に、「外国PEPsに該当しますか?」の問いで「該当しない」にチェックを入れ、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

数日後、住所確認のためハガキが送られてきたら、登録作業はすべてが完了です。お疲れ様でした。

coincheck(コインチェック)公式ページ
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。