5分でわかる!仮想通貨ビットコインの仕組みを徹底解説

誰でも簡単に分かるビットコインの仕組みですが、簡単に言えば銀行を経由しないでやり取りができる仮想通貨です。

特徴的な仕組みとしましては公開鍵暗号があるため第三者が勝手にコインを盗む事ができず、ブロックチェーンというシステムがあるので所持している通貨を二重に譲渡するような事もできないようになっており、運営に貢献した人に報酬が贈られるマイニングが存在します。

そもそもビットコインで何ができるかと言いますと、個人間や企業間でサービスや物の対価として支払われており、文字通りの仮想通貨です。

当然ではありますが電子的なやり取りになり、インターネットで簡単に送金や決済ができます。

ビットコインはP2Pと呼ばれる技術が用いられていまして、その上に公開鍵暗号などの暗号技術が加わって仮想上にある暗号通貨となっています。

仮想通貨は日本円が日本政府が発行して管理しているというようなものがなく、ユーザー全体で発行と管理を行なうというシステムとなっています。

そのため第三者がコインの譲渡を客観的に確認したり、二重譲渡ができないようにしないといけない仕組みが必要となり、ブロックチェーンの技術が用いられます。

取引履歴が繋がっていく仕組みがブロックチェーン

仮想上でのやり取りでは矛盾した取引があってはならず正しい取引を決定しなければならないので、正しいブロックを形成してブロックに含まれた取引のみを正しい取引として、一貫した取引履歴を共有してチェーンのように繋がっていく仕組みがブロックチェーンです。

ブロックの生成は平等な通貨である必要があるため権限を持つものがおらず、無条件で作成すると正しいブロックが分からなくなるので一定の数値になるものだけが正しいものとなります。

詳しく解説すると難しくなってきますが、簡単に言うと分散型の台帳技術であり、すべての取引記録を記録しています。

取引をすれば情報が送信されてコインの所有者が変わり、その度に履歴がブロックチェーンに記録されていきます。

ブロックの中には多数のトランザクションやハッシュ値などがあり、暗号化されたなかで全ての履歴が辿れるので大きな信頼性に繋がっています。

実際のブロックチェーンを一つずつ見ると何桁のハッシュ値になりまして、それを見ただけでは誰がコインの所有者か特定する事が難しいので高い匿名性を誇ります。

ビットコインを所有するという意味は仮想上では固有のハッシュ値であるアドレスに自分の保有率や取引記録を記録するという意味になります。

このようにして一定期間や取引毎に情報を記録していきネットワーク上に分散させて、すべてのデータの整合性を取っています。

しかし、正確に整合性を取るにはコンピューターを用いても膨大な計算量が必要となりますので追記作業に関しては有志のコンピューターリソースを借りています。

膨大な計算処理が必要となる追記作業をサポートして結果を出してくれた人に見返りの報酬としてビットコインが支払われていまして、これが採掘と言われるマイニングです。

多くの方が協力しているからこそ安全性が保たれています

報酬は新規発行で支払われおり、コンピューターの計算能力を利用してマイニングを行ない稼いでいる人が世界中にいます。

新規発行はマイニングでしか行われていませんが発行量は調整されているためインフレが起こる事はなく、多くの方が協力しているからこそ安全性が保たれています。

このような仕組みで運営されているため安全性や匿名性や信頼性があり、多くの方に利用されている訳ですがビットコインを使うメリットはどこにあるのでしょうか。

簡単なメリットとして挙げられるのは個人間での直接送金が簡単に行える事になりまして、銀行を介しませんから直接相手と会って支払う感覚と似ています。

銀行がいないという事は仲介するものがいないので基本的な手数料が発生しませんから少額のやり取りにとって大きなメリットになります。

安全性や匿名性が確保されているからこそ個人間のやり取りも直接する事が可能です。

市場が小さくなるほどバブルになりやすい?

そして銀行や管理している存在がありませんので細かい手続きが存在しません。

苦にによっての通貨単位が違うという事もなく世界共通になりますので流通の制限がありませんから好きなように利用できます。

流通や匿名性は確保されていますが、どこに保存されているかも気になると思いますが、ウォレットという概念があり財布や銀行口座の変わりになります。

長い文字列のウォレットIDを一人一つ持ちまして、そこに所有しているコインを保存します。

しかし、長い文字列のIDだと普段利用する時に不便になりますのでIDを短縮したコードやQRコードに変換して利用する事になります。

このような仕組みとなっていまして、今では世界中で利用できるようになっています。

これからの課題としましては技術的な事も大事ですが、決済するにあたって送る側と受け取る側の双方が利用できるようにしていないと通貨として決済ができません。

また信用で成り立っている仕組みでもあり、市場が小さくなるほどバブルになりやすかったり、乱高下しやすかったり可能性や個別の取引所のシステムのトラブルといった危険性も考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。