仮想通貨ビットコインは怖い?危険性を理解してリスクを回避しましょう

最近はテレビのニュースなどでも「ビットコイン」という言葉を耳にすることが増えてきました。多くの方は、2014年に発生したMt.Gox(マウントゴックス)の破たんを思い浮かべるかもしれません。

2014年2月に東京を拠点とする当時世界最大の仮想通貨取引所であったマウントゴックスが閉鎖され、取引所に保管されていた利用者の資産が凍結されてしまいました。

Mt.Gox社によると、顧客から預かったコインが何者かの不正侵入によって盗難被害に遭ったと説明しています。この事件の影響で多くの日本人に仮想通貨とは危険なもの、というイメージが定着してしまいました。

仮想通貨の持つ危険性や安全性の知識を身に着けよう

ビットコインを支払いや送金目的で利用したり、売買取引を行って資産運用を行う場合には、仮想通貨の持つ危険性や安全性について正しい知識を身に着けておく必要があります。

仮想通貨として保有する資産を失うリスクとは、相場の変動によりコイン価格が下落すること、コインが何者かによって(電子的に)盗まれること、資産を預けている取引所が経営破たんすることの3つが考えられます。

ビットコインは価格が高騰する場合もありますが、大幅に下落するリスクもあります。コインや日本円を預けている取引所が経営破たんしたり、秘密鍵が盗まれてしまうことで盗難の被害に遭う危険性があります。

これらのリスクはいずれも回避すること可能で、適切に管理すれば他のどんな金融資産よりも安全に保管することができます。

一般的に相場変動による資産価値の下落は、株や外貨、貴金属、不動産投資でも起こります。タンス預金や自宅に保管してあった金地金などが盗まれる場合があります。銀行の経営が破たんすると、顧客が預けた資産が失われる恐れがあります。

どんな金融商品でも必ず特有のリスクが存在しますが、正しい知識を身に付けることで危険性を回避することも可能です。

仮想通貨は他の金融資産と比較して価格変動が激しい

仮想通貨の特徴として、他の多くの金融資産と比較して価格変動が激しいことが知られています。価格変動が大きいと短期間で利益を出すことができますが、価値が下落する危険性もあります。

特定の国や組織によって管理されていないビットコインは、金(ゴールド)や先進国の国債、日本円やスイスフランのように安全資産とみなされています。

テロ事件や戦争、金融危機、特定の地域の政治的なリスクが上昇すると、コイン価格が上昇することが知られています。他の金融資産と組み合わせたり、定期積立などを利用することで価格変動による資産価値の下落を回避することができます。

適切に管理しないと盗難の被害に遭う可能性があります

ビットコインも他の資産と同じように、適切に管理しないと盗難の被害に遭う可能性があります。コインアドレスに対応する秘密鍵が盗まれると、そのアカウントに保管するコインが盗まれたのと同じです。

このため、自分用のウォレットでコインを保管する場合にはアプリの暗証番号を設定するなどして、他の人が端末を操作してもコインが盗まれないように対策をしておくべきです。

秘密鍵を失うと二度と自分のコインを取り出すことができなくなってしまうので、必ずバックアップを取って安全な場所に保管しておきましょう。

ウォレットにアプリをインストールする端末にはセキュリティソフトまたはアプリを導入し、こまめにOSやウォレットアプリのアップデートを行ってウイルスや不正侵入を防ぐようにします。

最近のウォレットアプリは復元(パス)フレーズ機能を実装しています。復元フレーズ機能が付いたウォレットアプリを利用する場合には、12個または24個の単語から成る復元フレーズをメモしておきましょう。

多額のコインを安全に保管したい場合には復元フレーズを紙などにメモしておき、入金後にウォレットアプリのアカウント情報を完全に削除しておくことができます。

アカウントの秘密鍵または復元フレーズがなければ、誰もコインを移動させることができません。一般的に政府の機関が個人の銀行預金を凍結したり、差し押さえたりすることが可能です。

これに対してビットコインは適切に管理することで、国家権力でさえも個人の資産を差し押さえることが不可能なほどの“安全資産”とみなすことができます。

顧客の資産をきちんと管理している取引所を選びましょう

仮想通貨取引所が破たんすると、顧客の資産が失われてしまう可能性があります。現在は日本国内でも法律が整備されているので、マウントゴックスのように取引所の経営が破たんする危険性は非常に低いのですが、絶対に破綻しないとは限りません。

不正ログインによる盗難被害も考えられます。取引所の経営破たんのリスクを回避するためには、顧客の資産をきちんと管理している取引所を選ぶことができます。

日本国内の取引所では、顧客から預かったコインをコールドウォレットに保管されています。不正ログインを防止する対策が徹底された取引所もあります。

例えば日本の大手取引所であるコインチェックでは、アカウントにログインする際に2段階認証システムを採用しています。利用者の側も、取引所の破たんによる影響を最小限にすることができます。

必要以上のコインを取引所のアカウントに保管しないようにして、自分用のウォレットで管理することができます。

仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。