2017年ビットコインの相場は今後どう推移する?高騰?それとも暴落?

ビットコインは、インターネット上にしか存在しない付加価値を持った電子通貨で、暗号通貨や仮想通貨とも呼ばれます。

もともとはオープンソースプロトコルに基づくピアツーピア(Peer to Peer)型の決済システムとして登場したもので、2009年から共用が開始されています。

電子マネーと大きく異るのは発行元が存在しないこと

使い方としては、取引所でビットコインを購入し、保有しているコインを使って相手にコインを譲渡することで決済として利用するというものです。

いわゆる電子マネーと似たようなものですが、電子マネーと大きく異るのは発行元が存在しないことです。

電子マネーでは発行元がお金を預かり、利用者のICカードと自社のサーバーに残高情報を記録し、決済時にICカードを専用の機器にかざすことでサーバーとの情報を照合し残高から代金を支払うという仕組みですが、暗号通貨においてはサーバーは存在せず、その情報はブロックチェーンと呼ばれる連続した譲渡記録の台帳を参照して譲渡、つまり支払いに利用するというものです。

メリットとしてはサーバーで一括管理を行わないことで、それぞれのユーザーが持っているブロックチェーンによって行われ複数のユーザーから情報が参照されることで技術的に不正にコピーされるといったことがありません。

つまり暗号キーに金銭的な価値が付与されているため暗号通貨とも呼ばれる理由です。またあくまでも現実通貨の価値が付与されているため仮想通貨とも呼ばれます。

ビットコインの運用は2009年からスタート

ビットコインの運用は2009年からスタートしましたが、当時は通貨として価値は注目されず、当初は1BTCあたり約0.3米ドル程度で推移していました。

しかし、次第にその価値が注目されるようになり、2011年には一時的に32米ドルまで急騰し、その後2米ドルまで暴落しています。

さらに2012年と2013年にはキプロス金融危機のさいに急上昇し、266米ドルまで急騰しましたが、その後50米ドルまで急落しています。

この頃にはマネーロンダリングなどにも使われていることが問題とされたり、技術的欠陥でブロックチェーンの分岐のさいにトラブルが発生して取引が一時的に停止されたり、また取引所の不正行為による詐取事件が発生するなどの諸問題が露わになっています。

また2013年はアメリカ政府が合法的な金融サービスであると認められるなど、その価値は上昇し続け1BTCが900米ドルに達しています。

ただ一方でビットコインを多く購入していた中国において、中国政府が公的機関での取扱を禁止するといった措置が取られると相場は暴落し、また取引所の不正行為などで400米ドルまで下落しています。

このように仮想通貨の問題が噴出したのが2013年でしたが2014年には本格的に通貨として使われるようになり、再び相場は緩やかに上昇し続けて2017年を迎えています。

結果的にはその価値は上昇し続けているのが実状

過去の相場推移から言えばビットコインは急騰と暴落を繰り返しつつも、結果的にはその価値は上昇し続けているのが実状です。

また日本でも複数の取引所が設立されており、有名どころとしては、ビットフライヤー(bitFlyer)、ビットバンク(bitbank)、BTCBOX、コインチェック(coincheck)、kraken、QUOINEX、Zaif、Lemuria、Money365、BITPoint、みんなのビットコイン、Fisco、FIREX、Z.comコインbyGMOなどが知られます。

これら取引所は単純に購入や売却するために利用できるもののほか、信用取引や先物取引を仲介しているところもあるなど取引所としてそれぞれに特色があります。

2017年の相場推移としては、1月の時点では日本円では1BTCあたり11万円後半まで上昇し、その後に8万円台まで下落しています。

3月にかけては上昇で15万円台まで達するもののETF上場が否決されたり、取引所同士の問題(Bitcoin CoreとBitcoin Unlimitedの対立)から急落。

4月には再び上昇トレンドに入り、5月には30万円台に達していますが、取引所同士の問題が再燃して6月に24万円まで下落していますが、8月に入り問題となっていた分裂危機をクリアすると一気に50万円の大台に乗せるなど急上昇していますが、その後は再び下落して46万円前後で推移しています。

過去の相場の推移から見ると今後も上昇すると考えられますが、政府のアクションや技術的問題が発生すると急落することが考えられます。また8月の時点では急騰したあとであり、今後もさらに上昇し続けるとは考えにくいとされます。

またその他の仮想通貨も本格的に始動するなど競争相手も多くなります。

ただ急落する可能性はあるものの上昇基調を変えることはないと考えられており、過去の相場の推移から見ても急落したさいに購入するといったスタンスで取引を行えば、十分に投資の対象として機能することが期待できます。

ビットコインが最高値…北情勢緊迫で資金流入?

国内最大手の取引所「ビットフライヤー」で2017年8月30日、1BTC=50万円台を付け、最高値を更新した。

北朝鮮の弾道ミサイル発射で、朝鮮半島情勢の緊迫が続いているため、安全資産ととらえられているBTCへの資金流入が続いているとみられる。

ビットフライヤーによると、30日早朝に50万円を突破した。最近は40万円台後半で推移していた。

BTCは、国家が発行する通貨とは異なり、世界中のコンピューターに分散して取引が記録される仕組みだ。特定の地域情勢の影響を受けにくいことから、金(ゴールド)のように「有事」に買われる傾向が強まっている。

Yahooニュース:読売新聞より引用

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気の関連記事

「VALU」ってなに?
ビットコインを用いたマイクロトレードサービス「VALU」ってなんですか?
コインチェック口座開設手順
たったの3分、2017年coincheck(コインチェック)口座開設手順徹底解説
コインチェックが選ばれる理由
仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)が選ばれる5つの理由

コメントは受け付けていません。